今や、東京での活動が多いピアニスト 生田さち子さんのCD「春の風」を紹介します。

jazz1116

7年くらい前に生田さち子さんのピアノを聴きました。なんて力強く、歯切れのいいピアノを弾くんだろう、というのが最初の印象なんですが、それに抒情性が加わり表現力豊かなピアニストだというのが、今の印象です。
時として優しく、時としてダイナミックに、もちろんスイングして。そんな、今の生田さち子が存分に楽しめるアルバムが「春の風」です。

1曲目が、自身の作曲による「春の風」。いつもながら、生田さち子さんの展開力って凄いなって思います。春の優しい風が吹いて、そしてだんだん強く、春の嵐がやってきて暖かい気持ちで春を満喫する。そんな曲かな。
生田さち子さんの展開力を存分に感じさせてくれるのが、5曲目の「きらきら星」。ああ、昔よく聴いたな、と思っているとどんどん発展していって、というか引き込まれていって、最後に、ああそうなんだ。この曲は「きらきら星」だったんだ、となります。

曲の盛り上げに大貢献なのが、新進気鋭のドラマー 石若駿さん。しっかりと曲を支えてくれるのがベテランベーシストの金澤英明さん。二人のサポートで、生田幸子さんが自由奔放に弾きまくります。
そういえば、今や世界に名だたるトランペッターの日野皓正さんが関西に来る時のピアニストは生田幸子さん、金澤英明さんはかつての日野皓正バンドのレギュラーメンバー、石若駿さんは時折日野皓正メンバーサに加わっていたんですね。気心知れた仲間たち。このアルバムでも2曲、日野皓正が突如登場。セロニアス・モンクの「Well You Needn’t」ではトランペットが、と武満徹の「雪」では珍しくコルネットが聴けます。アジテーターのようにトリオを鼓舞しています。
このアルバムには他に、映画の「Last Tango In Paris」や、マット・デニスの「Everything Happens To Me」、ガーシュウインのミュージカル「ポギーとベス」からの「Summertime」と「I Loves You, Porgy」が入っています。

 CDは、タワーレコードやHMVで手に入りますが、一番いいのは、生田さち子さんのホームページでライブスケジュールを確認。ライブに足を運んだら、手に入ります。3,000円を握りしめてライブ会場に足を運びませんか。
http://blogs.yahoo.co.jp/sachiko3ikuta

 自身のコンボの他にヴォーカリストとの共演、ボサノヴァクインテットや女性ユニットそして中国楽器とのコラボレーションなど八面六臂の活躍をしている生田さち子さん。このアルバムを機にますます大きくなると思います。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

「神戸ジャズウォーク」はご存知でしょうか。
神戸の三宮一帯にあるジャズのライブを聴かせてくれるお店が、
昼下がり一斉にライブを行います。

11月24日(土)の
13:00~13:40、
14:30~15:10、
16:00~16:40
以上の3ステージです。

それぞれ入れ替え制ですので、一つのお店に留まるのもいいんですが、
3つのお店を廻って、色んな味を味わってみませんか。

ディキシーランドジャズあり、ポップス系のジャズあり、
ハードなジャズあり、です。

各ステージ 1,000円です。
ドリンクを頼まれる場合は、別途、500円が必要です。

各お店の出演者については以下をご参考に。
http://club.kobe-np.co.jp/jazz/blog/wp-content/uploads/2012/11/jazz1124.pdf

気軽に三宮でジャズを楽しんでみませんか。

前回のKOBEジャズウォーク

前回のKOBEジャズウォーク

盲導犬の育成のため、ジャズの演奏や
チャリティーグッズの販売などが行われる
「盲導犬育成チャリティー・ビッグバンド・ジャズ」が
今年も行われることになりました。

5回目を迎える今回は、
来る12月1日、
神戸・下山手通の中華會舘にて開催されます。

甲南OBと関西若手ミュージシャンによる
ビッグ・バンドを率いるのは
神戸が生んだ若手ジャズピアニスト、李祥太です。

李祥太は今年28歳の商社マン。
甲南中学入学から大学卒業までの10年間を
ジャズ研究会で過ごしました。

その間の経歴はこちら。
 中学2年…『JAZZ LIFE1999/March号』ベスト・プレーヤ受賞
 甲南高校在学中…「ステューデントジャズ」特別賞でバークリーへ留学
 大学EBAコース在学中…バーファロー校の1年間留学
 大学卒業時…優秀文武両立者として学部長表彰

東京でサラリーマンとなった現在は、
谷口知己率いる京都コンポーザーズの東京版、
「マジェスティック・ジャズ・オーケストラ」の
コンマスを務め、
甲南ジャズ研OBバンド
「アニマルキングダム・ジャズ・オーケストラ」も結成。
商社マンとして活躍する傍ら、
精力的な音楽活動も行っています。

そんな李と17人+1Voのビッグバンド。
東京で活動する李の演奏を
地元神戸で味わってみませんか。





「り―17~The Port Authority Jazz Orchestra~at神戸中華會舘」

【日時】
2012年12月1日(土)開場時間15:30
ステージ:1…16:00~
ステージ:2…17:15~
入替えなし

【入場料】
前売り・シニア¥1,500 当日¥1,800

【会場】
中華會舘ビル7F東亜ホール
(神戸市中央区下山手通2丁目2-13-9)

【出演メンバー】
浅井良将 柏谷淳 當村邦明 古山晶子 益山あい(Sx)
青木陸 岩本敦 長山動丸 小田原圭祐(Tp)
吉岡明美 佐竹寛美 白石栄利 磯野哲至(Tb)
岩本祐司(Gt)   宮上啓仁(Bs)  伊波大輔(Dr)
李 祥太(Pf,Arr)
ゲストVo.南亜希
Mc:シェリー高木

●前売り券、ご予約は…
100BAN STUDIO 078-331-1728(17時まで)
中華會舘 078-392-2711(月曜定休)

※入場料の一部は、社会福祉法人兵庫盲導犬協会に寄付されます。

11月25日(日)は、「神戸マラソンの日」。
今年も、神戸マラソンをジャズで盛り上げようと
「スインギングナイツ IN KOBE 2012」が、
11月2日(金)にスタートします。

25日までの間、NHK神戸放送局での「ジャズライブKOBE」、
「死刑台のエレベーター」上映、SPレコードの演奏、
神戸マラソンお出迎えライブそして「秋の神戸ジャズウォーク」など
盛りだくさんのジャズイベントが開催されます。
初日の3日(金)は、神戸の夜景を楽しんだ後、
神戸ジャズに触れて神戸の夜を満喫してもらう企画
「神戸JAZZと夜景ツアー」を実施します。

三宮~ビーナスブリッジ~中突堤・神戸ハーバーランド」をバスで巡り、
北野界隈のジャズクラブ12店の内お好きなお店を選んでもらって、
神戸ジャズを楽しんでもらいます。

ツアーの料金は、1,500円、18:00発の第1便と、
20:00発の第2便があります。
定員は、それぞれ20名ですので、お早めにお申し込みください。

予約は、以下をクリック。
http://www.tabitabi-hyogo.jp/goods/kobe_yakei_jazz/index.html

満席の場合は、お許しください。

                                   
 (ジャズの街~神戸  安田英俊)

jazz1022

新しい映画の波ヌーベルバーグの鬼才と呼ばれているフランスの映画監督ルイ・マルが、
ジャズジャイアンツのマイルス・ディビスの音楽を起用。1940年代から始まったクールジャズが、
スリルとサスペンス満載の映画をより一層際立たせています。

神戸に映画がやってきて100年に当たる1996年から始まった「神戸100年映画祭」。
今年が、17回目となります。
昨年は、ジャズの街~神戸を舞台にした日本映画「ふたたび」を上映。
今年も、ジャズと映画がコラボレーションの映画「死刑台のエレベーター」を上映してくれます。
1958年のフランス映画です。

ジャズ界は、モダンジャズの幕開けビパップからハードバップへ、
そして、より洗練されたクールジャズが台頭してきたまさにジャズ全盛の時代でした。
ルイ・マルは、クールジャズで一世を風靡していたマイルス・ディビスを招へい、
フラッシュを見ながら、即興でバックの演奏を行ったそうです。
エレベーターに閉じ込められて何んとが脱出したいモーリス・ロネ、
夜の街を恋人を探し求めるジャンヌ・モロー。
随所に一層画面を引き立ててくれるマイルス・ディビスのクールな響きは、
ジャズファン必見です。

11月9日(金)は16:00から、11月10日(土)は10:30から、
いずれも神戸の新開地にあるアートビレッジセンターの2階にある
KAVCホールで上映されます。鑑賞券は、1,000円。

「神戸100年映画祭」のホームページは以下の通りです。
http://kff100.com/modules/pico/index.php?content_id=2

是非とも、劇場に足を運んで耳を澄ませてください。

shikeidai
                                   

(ジャズの街~神戸 安田英俊)



第17回 神戸100年映画祭「死刑台のエレベーター」

(SWINGING NIGHTS in KOBE推奨映画)

【とき】
2012年11月9日(金)16:00、11月10日(土)10:30

【場所】
新開地アートビレッジセンター
2階KAVCホール

【鑑賞券】1,000円(前売なし・当日のみ)

【お問い合わせ】
NPO神戸100年映画祭事務局 TEL : 078-954-8044



「ジャズの森ライブ IN 森林植物園」については、
以前にお知らせいたしましたが、
12:00~と14:00~のジャズライブの間に、
蓄音機によるSPレコードのジャズ演奏を行います。

jazz1009

1930年代、40年代は、SPレコードが主流。
これは、ラッパに向かって音をだし、
その音を直接円盤に刻み、それを鉄針でなぞって再生させるものです。
再生機は、蓄音機といわれるラッパのついた箱で、
ぜんまい仕掛けのモーターでレコードを回します。
音を電気的に信号に変えて、なんて難しいことはしていません。
従って、生の音が再現されるんです。
欠点はたくさんあります。
1分間に78回転ですので、
30㎝の円盤で、5分程度。ラッパに音を吹き込みますので
オーケストラの音には難がある等などですが、
それを補っても余りあるライブ感を味わうことができます。

今回の演奏会は、オーディオ文化史研究家の品川征郎氏の
20万枚に及ぶSPレコードコレクションを紹介してくれている
「日本蓄音機倶楽部」の協力によるものです。
http://www3.hp-ez.com/hp/japanaudio/page1

日にちは、10月20日(土)、21日(日)、27日(土)、
28日(日)のいずれも13:00~。
参加は、無料です。場所は、神戸市立森林植物園。
アクセスについては、以下をクリックしてください。
http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/

昔聴いたことがある人も、
SPレコードはもとよりLPレコードも知らないという人も、
ぜひ一度聴いてみてください。


(ジャズの街~神戸 安田英俊)

 このサイト のエッセイ「マイコとノゾミにお気軽音楽トーク」で
軽快な音楽談義を読ませてくれている「トンボDUO」のお二人、
正木麻衣子さんと梅田望実さんが、連載記念ライブを開きます。
題して「ジャズのおもちゃ箱」。
興味と期待でドキドキしながらふたを開ける「おもちゃ箱」のような
ライブだそうです。

写真左から、梅田望実さん、正木麻衣子さん、安田編集長、アッコルド神戸店店長伊波早苗さん

写真左から、梅田望実さん、正木麻衣子さん、安田編集長、アッコルド神戸店店長伊波早苗さん

 場所は、三ノ宮駅より東の二宮筋商店街の北にある、
ジャズありクラッシックあり軽音楽ありのライブハウス「アッコルド神戸」です。
http://www.accord-kobe.com/index.html
11月10日(土)の20:00から2ステージ。オープンは、19:30。
チャージは、3,000円です。

 前に、朗読とジャズのコラボレーションを聴かせてくれた「トンボDUO」ですが、
今回は、サン・テクジュベリの「星の王子様」の朗読、ジャズでは、「SHALL WE
DANCE」や昔懐かし「夢であいましょう」。
それと、エッセイの内容、スタンダードジャズのルーツや
日本独特なジャズの歴史についても触れてくれるそうです。

何が飛び出してくるかわからない「おもちゃ箱」。
乞うご期待です。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)


♪ JAZZ LIVE & 朗読 「ジャズのおもちゃ箱」 ♪

【日時】 2012年11月10日(土)20:00から2ステージ(オープンは19:30)

【出演】 「トンボDUO」正木麻衣子、梅田望実

【チャージ】 3,000円

【会場】 ライブハウス アッコルド神戸
http://www.accord-kobe.com/index.html

先日、このコーナーでもお伝えした
学生とプロミュージシャンがつくりあげるJAZZの祭典
「神戸JAZZ 2012 Students meet NANIWA EXP」

kobejazz2012-omote-web

開催日の10月14日まであと10日となりましたが
ここにきてうれしいニュースが飛び込んできました。


■東北と神戸の共演が実現

当日のステージに、宮城県の石巻北高等学校吹奏楽部メンバー2人が
参加することが決まりました。

神戸JAZZと東北の交流は2007年から始まり、
ユーストリームなどによる交流、
また2011年の震災後はイベント会場内での募金活動を行ってきました。
そして今回ついに、同じ舞台での共演が実現します。

2人は神戸JAZZから生まれたビッグバンド
「神戸JAZZオーケストラ」とセッション。
当日までは一緒に練習することができないため、
本番当日、東北の2人と神戸のメンバーで
どんなセッションが生まれるのか、
こんな未知の楽しみもJAZZの醍醐味です。


■プロとホーンセクションを組む学生選抜メンバーが決定!

今年の目玉は、神戸JAZZ初の試み、
プロのNANIWA EXPと学生がホーンセクションを組み、
ビッグバンドスタイルでの演奏する第二部です。
その夢のステージに立つ学生選抜メンバーが決まりました。

演奏曲は、NANIWA EXPの代表曲「EL+Drad」「Believin’」の2曲。
学生は2つのグループに分かれ、
各グループの課題曲をそれぞれ1曲ずつ共演します。

大きなステージに立てるだけでなく、
プロのミュージシャンと共演できる機会は
大人でもなかなかありません。
その大きなチャンスを手に入れた学生たちが
どんな表情でスイングするのか。
その貴重なひとときをぜひ生で見て、
フレッシュな喜びや感性を同じ空間で味わいたいものです。


■バックステージツアー参加者募集

当日のチケット購入者を対象に、
前日の仕込みやリハーサルが見学できる
「バックステージツアー」の参加者も募集中です。

普段はめったに目にすることができない、
プロミュージシャンのステージづくり。
舞台裏を見た後の本番ステージは、
また違った目線で楽しめるかもしれません。
二倍楽しめる贅沢な企画は定員50名です。

お問い合わせは、神戸JAZZ実行委員会運営事務局まで。
 TEL:078-303-5600(平日 10:00~18:00)


東北と神戸との共演、
学生とプロとの夢のセッション、
ジャズの街・神戸でどんなステージが生まれるのか、
10月14日が待ち遠しいですね。


「神戸JAZZ 2012」公式サイト
http://kobejazz.ac/

 日本のジャズの発祥地神戸の自然といえば、海と山。夏には、ジャズクルーズが盛んですが、今回は神戸ジャズが六甲の森の中に登場です。有馬に行く途中の北鈴蘭台からバスで10分、六甲の山並みの中にある神戸市立森林植物園で神戸ジャズが響き渡ります。

10月20日(土)は、ヴォーカルの升本しのぶさんに、加納新吾さんのピアノ、時安吉宏さんのベースがサポート。

10月21日(日)は、高橋リエさんのヴォーカルに、宮下博行さんのピアノ、三原脩さんのベース。

10月27日(土)は、北浪良佳さんのヴォーカルに、加納新吾さんのピアノ、三原脩さんのベース、佐藤英宣さんのドラム。

10月28日(日)は、北荘桂子さんのヴォーカルに、竹下清志さんのピアノ、三原脩さんのベース、木村優一郎さんのドラム。

ステージは、12:00からのランチタイムライブと14:00からのティータイムライブの2回。

 そして、間の13:00からは、蓄音機によるジャズのSPレコード演奏があります。SPレコードは電気的な信号に変えずに直接音をお届けします。きっと、眼を見張ることと思います。本当は、「耳をそばだてる」でしょうが。

 参加料は、無料です。ジャズの街~神戸も協力しています。

 地図、アクセスは以下をクリックしてみてください。
 http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/
                                   

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

 「ムーンライトセレナーデ」や「真珠の首飾り」などのグレンミラーサウンドは、ジャズファンならずとも耳にしたことがあると思います。

 リーダーのグレン・ミラーは、アメリカ陸軍航空隊で兵役に就き、除隊後も空軍音楽隊の指揮をとっていて、慰問旅行に行く時に
飛行機が墜落。亡くなりましたが、その精神を受け継ぐアメリカ空軍太平洋音楽隊が神戸を訪れ、ジャズ演奏を披露してくれます。
題して、「パシフィックショーケースコンサート~グレン・ミラーオーケストラトリビュート」です。グレンミラーサウンドの真髄に触れることができると思います。

 10月21日(日)の 16:00~17:30 で、場所は、神戸のトアロード NHK神戸放送局のやや北側向かいにある「北野工房のまち」。料金は、前売りのみで1,000円。チケットは、飲食組合事務所(TEL:078-391-4210)、サテンドール神戸(TEL:078-242-0100)、WA.DININGいり江(TEL:078-671-8610)で扱っています。

 なお、この演奏終了後の、18:30から、サテンドール神戸で、神戸を代表するビッグバンド モダンタイムスビッグバンドにより、アメリカ空軍太平洋音楽隊の歓迎をこめて「ウエルカムパーティ」を開催します。こちらも大いに楽しみなんですが。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

jazz0930

「パシフィックショーケースコンサート~グレン・ミラーオーケストラトリビュート」


【日時】
2012年10月21日(日)
15:30会場 16:00~17:30

【場所】 北野工房のまち
神戸市中央区中山手通3丁目17番地1号
TEL:078-200-3607

【料金】 1,000円(前売りのみ)・自由席

【チケット販売所】
飲食組合事務所(TEL:078-391-4210)
サテンドール神戸(TEL:078-242-0100)
WA.DININGいり江(TEL:078-671-8610)