shinsai15jazz1

 阪神・淡路大震災から16年目に入った神戸と、5年前にハリケーン被害にあった米ニューオーリンズの復興を願う「震災15年メモリアルハーバージャズコンサート」が23日、神戸市中央区の神戸新聞松方ホールで開かれた。鎮魂の思いを込めた力強い演奏に、約700人の観客が聞き入った。

 ともに大災害に見舞われた両市をジャズで元気づけようと2008年4月に結成された「神戸とニューオリンズのジャズ交流実行委員会」や、神戸新聞社などが主催した。

 神戸市立葺合中学校と甲南中学校(芦屋市)の生徒によるジャズバンドや、ピアニストの小曽根実さんとサクソホン奏者の古谷充さんによるデュオなどが、華麗な演奏を繰り広げた。

 最後は、作曲家の枡田咲子さんが指揮するビッグバンドが被災者を悼む曲などを奏でた。舞台の背景には、阪神・淡路の被災地の15年間の歩みを伝えるスライドが映し出された。

 実行委の日下雄介事務局長(69)は「震災を知らない子どもたちがプロと同じステージに立つことは意義深い。兵庫にはジャズに取り組む中学・高校生が育っており、本場ニューオーリンズとの交流が続けば大いに刺激になる」と話していた。
(2010/01/24 神戸新聞)


2010年1月23日、神戸・ハーバーランドの神戸新聞松方ホールで開かれた「震災15年メモリアル ハーバージャズコンサート」。阪神・淡路大震災から15年。犠牲者を悼んで舛田咲子さんが作曲した「SO MANY HEADS, SO MANY WITS」を、舛田さんが指揮するThe Global Jazz Orchestraの演奏でお贈りします。

nagai_mieko

明けましておめでとうございます。

2010年も早々からライブハウスで演奏させていただき、自分なりに今年の目標を掲げて前向きな気持ちで毎日進んでいます。

去年からこのサイトにコラムを載せていただくようになりましたが、一人でも多くの方に読んでいただき、ライブハウスに生の演奏を聴きに来てもらえればと思い、ミュージシャンサイドのこぼれ話などをお伝えしています。今回は新年一回目ですが、昨年とても印象に残った出来事を書かせていただきますね。

昨年はとても幸せなことに、新しい出会いや発見がいっぱいあった年でした。

中でも七月にクラシックの素晴らしいバイオリニストの高畑壮平さん(州立南ウエストファーレンフィルハーモニーの主席コンサートマスター、他にもジーゲン市のバッハオーケストラのコンサートマスターも兼任)とご一緒させていただいたのは、今思い出すだけでもドキドキしてしまうような経験でした。

壮平さんは、東京や岡山などでのコンサートのため帰国して約一ヶ月ご親戚の家に滞在されていました。その親戚のご夫妻が数年前から私の演奏活動を応援してくださっていて、私にとって感謝してもしきれないほど大切な方達なのです。今回せっかく大阪に壮平さんがいるのに、大阪でのコンサートの予定がないので、ご自宅でミニコンサートを企画され、その伴奏に私を推してくださったのです。

突然の話で準備時間も殆どとれず、当日のリハのみでのぞみましたが、壮平さんの器の大きさに救っていただき、沢山のミスはしましたが素晴らしい経験をさせてもらいました。

実は暫くボーッとして、頭の整理ができなかったのですが、今にして思えば、ジャズ・クラシックのジャンルにとらわれずアンサンブルするという事を教えていただいた気がします。

とにかく壮平さんの音色は美しくて、音楽にまず必要なものはバイオリンでもピアノでも美しい音色だと再確認しました。もちろん、それ以外にも大切なものはいっぱいあるけど、まず人の耳に心地よく入ってくる音色って演奏者の顔なのではないでしょうか?

それと、アンサンブルするということは、相手を認めるということかな・・とも感じました。ジャンルにとらわれず、ある曲を一緒に演奏する時に最大限相手に寄り添っていかなくてはいけないと思いました。日頃からアンサンブルで演奏しているのに、このような機会をもらって、しみじみ感じたというか・・・・。

先程、音楽に必要なものは音色以外にもいっぱいあると書きましたが、先日親友のフルート奏者と話していて、「やっぱり、音楽を愛する気持ちでしょう~!」と、決めぜりふがでました。

今年も、ムチャクチャ音楽と恋愛関係でいたいと思います。

長井美恵子
プロフィール

p0123

2010年1月23日(土)
開場14:30  開演15:00

あの震災から15年。犠牲者を悼んで舛田咲子さんが作曲した「SO MANY HEADS, SO MANY WITS」を、舛田さんが指揮するThe Global Jazz Orchestraの演奏でお贈りします。葺合中学、甲南中学ビッグバンドのフレッシュ演奏、小曽根実&古谷充の大御所デュオなど、ほかにも多彩な顔ぶれが出演。収益の一部は神戸新聞厚生事業団を通じ、自然災害の被災者に届けます。

出演 三浦紘明(司会)、The Global Jazz Orchestra、溝口恵美子(ヴォーカル)、小曽根実(ピアノ)&古谷充(sax)デュオ、ロイヤルフラッシュジャズバンド、葺合中学・甲南中学ビッグバンド ほか
料金 [全席自由]
¥1,000  
http://www.kobe-np.co.jp/matsukata/schedule/2010/0123.html