今年で、4回目となる三宮と新神戸とを結ぶフラワーロードのにぎわいフェスタ。
 「神戸をJAZZで元気に!」と8月11日(土)に新神戸オリエンタル劇場で開催されます。

 時間は、13時から17時まで。途中で「神戸ウエディングクイーンお披露目ステージ」を挟んで、ジャズをたっぷりと楽しんでもらいます。

 ジャズは、4部構成。最初は、トロンボーンの五島健史さん、トランペットの薮内良治さん、若手ピアニストの大友孝彰さん等による「神戸メインストリームジャズオールスターズ」で、伝統的なスタイルニューオーリンズジャズを楽しんでもらいます。
 第2部は、山本昌(As)さん、竹内正史(Pf)さん、泉正浩(Bs)さんの若手によるフレッシュなサウンドを。
 そして、「神戸ウエディングクイーンお披露目ステージ」と休憩をはさんで、関西学院大学軽音楽部のOBにより編成されたビッグバンド 「KGスカイウイングス」によるビッグバンドジャズのダイナミックなサウンドを堪能してもらいます。

 その前には、KGスカイウイングスの皆さんに手伝ってもらって、サテンドールのオーナー渡邊つとむさんと「ジャズの街~神戸」の安田英俊によるジャズフォーラム「ビッグバンドサウンドの楽しみ方」をしゃべらせてもらいます。

 最後のステージは、神戸出身で全国で注目を集めている女性ヴォーカリスト北浪良佳さんに大友孝彰さんのピアノ、時安吉宏さんのベースがバックを勤めるご機嫌なジャズです。

 入場料は、500円。8月11日の土曜日に、新神戸オリエンタル劇場でお逢いしましょう。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

第4回 フラワーロードにぎわいフェスタ(8月11日)

第4回 フラワーロードにぎわいフェスタ(8月11日)

「第4回 フラワーロードにぎわいフェスタ」

【日時】2012年8月11日(土)
【場所】新神戸オリエンタル劇場
【出演】
<第1部>トロンボーンの五島健史さん、トランペットの薮内良治さん、ピアニストの大友孝彰さん等。
<第2部>山本昌(As)さん、竹内正史(Pf)さん、泉正浩(Bs)さん。
<ジャズフォーラム>サテンドールのオーナー渡邊つとむさん、「ジャズの街~神戸」の安田英俊
<第3部>KGスカイウイングス。
<第4部>ヴォーカリスト北浪良佳さん、ピアニスト大友孝彰さん、ベーシスト時安吉宏さん
【料金】入場料は、500円

 ジャズの魅力って、それこそ沢山あるとは思いますが、一つは、色んなものを取り込む力、色んなものと結びつく力かな、なのではないかなと思っています。

 ジャズはアメリカで生まれた音楽ではありますが、今や、世界各地に広がり、そして各地の音楽と結びついています。そんな包容力がジャズにはあります。

 そして、最も相性のいいのが、ラテン音楽だと思いますが、皆さんはどうお思いですか。

 ラテンジャズバンドとして世界のトップクラスにいるのが、「熱帯JAZZ楽団」。

 熱帯JAZZ楽団の「Midsummer Tour ”灼熱”」と題したコンサートが神戸で開かれます。

 2012年8月19日(日)に、三宮の南 神戸国際会館こくさいホールで16時開演です。

 ラテンジャズは、とにかくその「ノリ」。体全体でラテン特有のリズムを感じ、体全体でラテンジャズを楽しんでください。

 入場料は、S席6,000円、A席5,000円で全席指定です。
 チケットは、神戸国際会館プレイガイド(電話 078-230-3300)他の取り扱い店でも購入できますが、http://www.kih.co.jp のオンラインでも申し込みができます。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

「Midsummer Tour ”灼熱”」

「Midsummer Tour ”灼熱”」

「Midsummer Tour ”灼熱”」
【日時】2012年8月19日(日)16時開演
【場所】神戸国際会館こくさいホール
【出演】熱帯JAZZ楽団
【料金】入場料は、S席6,000円、A席5,000円で全席指定
【チケット】神戸国際会館プレイガイド(電話 078-230-3300)他の取り扱い店でも購入可能。

 今年もジャズおやじの熱い夏がやってきました。
 予選を通過したアマチュアによる「第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸」本選を2012年8月26日(日)、兵庫県公館で行います。

 エンディングでは、ジャズピアニストの小曽根実氏(審査委員長)と出演者有志とのセッションを行います。曲目は「ALL OF ME」。
 当日の様子は、ラジオ関西(558kHz)の特別番組として9月9日に放送予定です。

 観覧は、昨年までは直接会場にお越しいただきましたが、今年から事前募集の完全招待制に変更になりましたので、ご注意下さい。
 希望者多数の場合は、抽選となります。

 観覧をご希望の方は、第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸公式サイトの募集要項に従って、お申し込み下さい。

第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸

第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸

<第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸>本選の観覧概要

日時 2012年8月26日(日)13:00~16:00
会場
 兵庫県公館
 神戸市中央区下山手通4丁目4番1号
出演 予選を通過したアマチュアバンド
特別番組放送
 当日の様子は、ラジオ関西(558kHz)の特別番組として放送します。
※放送日時 2012年9月9日(日)16:00~17:00
観覧方法
 本コンテストから観覧は事前募集による完全招待制となりました。
 希望者多数の場合は、抽選となります。
 当選者の発表は、招待状の発送を以ってこれに代えさせていただきますので予めご了承下さい。
募集人数 400人
入場料 無料
募集方法
 1組2名まで応募可能。
 メールフォーム・FAX・ハガキによる事前申込。
※下記必要事項をご記入の上、ご応募下さい。
 代表者のお名前・年齢・郵便番号・住所・電話番号・同伴者氏名(1名まで)
【メールフォームの場合】
 第4回おやじジャズバンドコンテストin神戸公式サイト
【ハガキの場合】
 〒650-8580
 ラジオ関西内
 「おやじジャズバンドコンテスト」係
【FAXの場合】
 078-362-7400
 ラジオ関西内
 「おやじジャズバンドコンテスト」係
募集期間
 2012年7月9日(月)~2012年8月9日(木)
 ※2012年8月9日必着
お問合せ
 おやじジャズバンドコンテスト in 神戸実行委員会(ラジオ関西内)
 TEL:078-362-7374
主催
 おやじジャズバンドコンテスト in 神戸 実行委員会
(兵庫県神戸県民局、神戸市、(社)ひょうごツーリズム協会、
(株)神戸新聞事業社、(株)ラジオ関西)
協力
 神戸ジャズCITY委員会、日本学校ジャズ教育協会(JAJE)関西本部
後援 神戸新聞社、サンテレビジョン

みなさまこんにちは。
歌・正木麻衣子&ピアノ・梅田望実の『トンボデュオ』です。

 お待たせいたしました。前回に続いてお気楽音楽トーク(その2)です。
 今回は大好きな映画音楽やミュージカル音楽に触れたいと思います。

jazz20120705

 ひとえに映画・ミュージカル音楽と言っても、その歴史には紆余曲折があったようですが、ここではタイトルの通り、『お気楽』なほうに焦点を当てていきたいと思います。

 ジャズミュージシャンによって作られたスタンダード曲が出てきたのは、1940年代の後半からだったようです。今、ジャズのスタンダードとして演奏されている曲の多くは、映画やミュージカルのために作られた音楽でした。

 例えば・・・・・・・・

◆今ではすっかりジャズの定番曲の♪二人でお茶を(Tea For Two)。
 ドリス・デイ主演の映画(1950年)でヒットしたことは有名ですが、もともとミュージカル劇「ノー・ノー・ナネット」(1925年)の挿入歌として作られたもの。

◆ラテン、スウィング、時にはロック調で演奏される♪サマータイムは、ガーシュイン作のオペラ「ポーギーとベス」より。

◆日曜洋画劇場のエンディングで流れていたあの壮大な曲♪So In Loveは、コール・ポーター作のミュージカル「キス・ミー・ケイト」より。

◆ビル・エバンスでお馴染みの♪You Must Believe In Springは、ミシェル・ルグラン作のミュージカル「ロシュフォールの恋人たち」。

◆今や定番中の定番曲でジャズミュージシャンによってさまざまに料理されている♪Days Of Wine And Rosesは、映画「酒とバラの日々」より。ヘンリー・マンシーニ作曲です。

 このように、現在スタンダードと言われている曲の多くは、原曲に魅了されたかつてのジャズミュージシャンたちによって、新たないのちを吹き込まれたのです。

 時代をさかのぼってオリジナルを聴いていると、その頃の時代のにおいがしてくるような気がします。映画やミュージカルが人々の娯楽として、また憧れとして生活に根付いていたのだなと感じます。

 好き!と思う気持ちってキラキラしていて素敵ですね。私たちも曲のもつ素晴らしさや、先人たちの熱い思いを大切にこれからも演奏していきたいと改めて思います。

 皆さまもぜひ当時の映画やオリジナル曲に触れてみてください。するとジャズミュージシャンがいかように料理しているかが見えてきて、もっともっと楽しく響いてくることうけあいです!

・・・その3につづく♪