日本のジャズの発祥地神戸の自然といえば、海と山。夏には、ジャズクルーズが盛んですが、今回は神戸ジャズが六甲の森の中に登場です。有馬に行く途中の北鈴蘭台からバスで10分、六甲の山並みの中にある神戸市立森林植物園で神戸ジャズが響き渡ります。

10月20日(土)は、ヴォーカルの升本しのぶさんに、加納新吾さんのピアノ、時安吉宏さんのベースがサポート。

10月21日(日)は、高橋リエさんのヴォーカルに、宮下博行さんのピアノ、三原脩さんのベース。

10月27日(土)は、北浪良佳さんのヴォーカルに、加納新吾さんのピアノ、三原脩さんのベース、佐藤英宣さんのドラム。

10月28日(日)は、北荘桂子さんのヴォーカルに、竹下清志さんのピアノ、三原脩さんのベース、木村優一郎さんのドラム。

ステージは、12:00からのランチタイムライブと14:00からのティータイムライブの2回。

 そして、間の13:00からは、蓄音機によるジャズのSPレコード演奏があります。SPレコードは電気的な信号に変えずに直接音をお届けします。きっと、眼を見張ることと思います。本当は、「耳をそばだてる」でしょうが。

 参加料は、無料です。ジャズの街~神戸も協力しています。

 地図、アクセスは以下をクリックしてみてください。
 http://www.kobe-park.or.jp/shinrin/
                                   

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

 「ムーンライトセレナーデ」や「真珠の首飾り」などのグレンミラーサウンドは、ジャズファンならずとも耳にしたことがあると思います。

 リーダーのグレン・ミラーは、アメリカ陸軍航空隊で兵役に就き、除隊後も空軍音楽隊の指揮をとっていて、慰問旅行に行く時に
飛行機が墜落。亡くなりましたが、その精神を受け継ぐアメリカ空軍太平洋音楽隊が神戸を訪れ、ジャズ演奏を披露してくれます。
題して、「パシフィックショーケースコンサート~グレン・ミラーオーケストラトリビュート」です。グレンミラーサウンドの真髄に触れることができると思います。

 10月21日(日)の 16:00~17:30 で、場所は、神戸のトアロード NHK神戸放送局のやや北側向かいにある「北野工房のまち」。料金は、前売りのみで1,000円。チケットは、飲食組合事務所(TEL:078-391-4210)、サテンドール神戸(TEL:078-242-0100)、WA.DININGいり江(TEL:078-671-8610)で扱っています。

 なお、この演奏終了後の、18:30から、サテンドール神戸で、神戸を代表するビッグバンド モダンタイムスビッグバンドにより、アメリカ空軍太平洋音楽隊の歓迎をこめて「ウエルカムパーティ」を開催します。こちらも大いに楽しみなんですが。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

jazz0930

「パシフィックショーケースコンサート~グレン・ミラーオーケストラトリビュート」


【日時】
2012年10月21日(日)
15:30会場 16:00~17:30

【場所】 北野工房のまち
神戸市中央区中山手通3丁目17番地1号
TEL:078-200-3607

【料金】 1,000円(前売りのみ)・自由席

【チケット販売所】
飲食組合事務所(TEL:078-391-4210)
サテンドール神戸(TEL:078-242-0100)
WA.DININGいり江(TEL:078-671-8610)

9月14日に近畿圏内で放送されました
「えぇとこ!綾戸智恵の女子旅~すてきな神戸JAZZ」
が、NHK総合テレビで全国放送されます。
2012年10月4日(木) 15:15~16:00です。

「ジャズの街~神戸」でメジャーデビューをした綾戸智恵さんが、
想い出の神戸ジャズスポット、そして高校生ジャズバンドを紹介してくれます。
なお、NHKオンデマンドでは、10月5日(金)から2週間配信されます。

ジャズの街~神戸が全国に向けてアピールされるのは、嬉しい限りです。

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

大阪出身ですが神戸からメジャーデビューした
日本を代表するジャズシンガーでピアニストの綾戸智恵さんが、
神戸放送局の体当たりリポーター荒山沙織さんと一緒に、
神戸のジャズスポットを訪ねました。
9月14日放送の番組 「えぇとこ」です。

ジャズの生演奏が聴けるお洒落なレストラン、
荒山さんがヴォーカルレッスンを受けてそのままセッションライブへ、
そして神戸でプロ活動を始めた綾戸智恵さんの想い出のライブハウスへ。
ライブはいつも満員、多くの人に感動を与えたそうです。

スチューデントジャズコンテストでは、
いつもライバルの甲南高校と高砂高校も訪れます。
綾戸智恵さんが、高校生から教えてもらったこと。
「ライバルと思って競争するんではなく、自分を出すこと。それがジャズでは大事」

残念ながら見逃された方は、次をクリックして放送メモをご覧ください。
http://www.nhk.or.jp/osaka/program/eetoko/past/0914.html

番組で、神戸のジャズシーンを紹介していただきましたが、
毎週金曜日の夕方に「ジャズライブKOBE」で神戸のジャズを
取り上げている実績がものを言いました。
http://www.nhk.or.jp/kobe/jazz/jazzlivekobe.html

もう一遍見たいし、皆さんにも見ていただきたいのですが、
ひとまずは、神戸のジャズにスポットを当てていただいた
NHKさんに感謝です。
http://www.nhk.or.jp/

(ジャズの街~神戸 安田英俊)

みなさまこんにちは。
歌・正木麻衣子&ピアノ・梅田望実の『トンボDuo』です。

jazz0915

この度、「トンボデュオ」から「トンボDuo」に、ちょっぴり改名いたしました。
少しハイカラになりました。

「その2」から、しばしご無沙汰しておりました間に、猛暑もようやくおとなしくなって、
秋の気配がやってきましたね。
みなさま、お元気ですか?

今回のテーマは『ジャズと歌謡曲』
どうぞ、懐かしいお気持ちで、いつものようにお気楽にお付き合いくださいませ。

日本の音楽家たちは、ジャズと出会って「なんてステキな音楽が海の向こうにはあるんだろう」と感激し、
それをググっと自分たちの方へ引き寄せて表現するために大きく二つのことをしました。

一つ目は、英語詞に日本語詞を付けること。
「リンゴの木の下で」や「サイド・バイ・サイド」「私の青空」など、
美しい日本語の詞が生まれました。

二つ目は、歌謡曲。
ジャズのコード進行や響きを引用し、これまでの日本音楽に新しい風を吹き込みました。

この二つ目に着目されて、素晴らしいトロンボーン奏者であり、そして、現アロージャズオーケストラのリーダーである
宗清洋さんが、「ジャズと歌謡曲のコラボレーション」を企画されました。
その名も「J.J Twins」
そう、ジャズとジャパニーズの双子ちゃんです。

宗清先生とJ.J Twinsでご一緒させて頂き、5年。
先生の繰り出されるミラクルアイデアに感激しっぱなしです。

例えば・・・
名曲「ワークソング」と、平尾昌晃さんの「星は何んでも知っている」
J.J Twinsでは基本、ジャズはインストゥルメンタルで。歌謡曲に歌が入ります。
これが交互に出たり入ったりするのです。
まず、宗清リーダー率いるバンドで、「ワークソング」の演奏がはじまります。
2コーラス演奏したところで、歌が「星はなんでも知っている~♪」と入ってくるワケです。

ある日のライブで、私が歌い出したとたんに、最前列のお客さまがズベっとずっこけられました。
そりゃぁ、びっくりしますよね!
ウフフ。
でも、このコラボレーションがとっても楽しいんです!
そして、美しいのです。

みなさまも、ワークソングのメロディーとリズムを思い浮かべながら「星はなんでも~」と歌ってみてください。
いかかですか?
不思議なフィット感でしょう?

ずっこけたお客さまも、満面の笑みでとっても楽しそうに聞いてくださいました。

そう。 新鮮さに驚かれたり、懐かしさに思いを馳せたりして、
お客さまが笑顔になって下さるのが何より嬉しいユニットです。

他にも・・・
「Memories of You」と、ペギー葉山さんの「爪」
「Someday my Prince will come」と、坂本スミ子さんの「夢で逢いましょう」
「These Foolish things」と、ザ・ピーナッツの「大阪の女」
などなど・・・

歌詞にちなんだ言葉遊びバージョンとして、「ブルームーン」&「月がとっても青いから」なんて、
かわいいレパートリーもあります。

トンボDuoのライブでも、J.J Twinsの曲を演奏させて頂いています。
お客さまからリクエストを頂くほど、トンボライブでも定番となりました。
これからも大切に演奏して行きたいです。

なんと!
次回『その4』では、宗清洋先生がご登場くださいます。
ジャズと歌謡曲についてお話し頂きます。

どうぞお楽しみに。

・・・・・・・その4につづく♪

◆『J.J Twins』
2008年、ジャズと歌謡曲のコラボレーションを主に結成された、
宗清洋と正木麻衣子のユニット。
ライブ情報はこちら。
http://utamaiko.com

◆正木麻衣子1st CD 『そよろ』 
J.J Twinsより、「星は何んでも知っている」「港が見える丘」を収録。
http://artist.cdjournal.com/d/-/4110110621

soyoro0915

スズムシやマツムシの鳴き声が、耳に心地よく響いてくる季節になりました。
“音楽の秋”到来!
こちらも負けてはいません!!
今年も学生ビッグバンド×プロミュージシャンが、
神戸の街にジャズの音色を染み渡らせる恒例のジャズフェスティバル
「神戸JAZZ2012 Students meet NANIWA EXP」が
10月14日、神戸文化ホールで開催されます。
 
kobejazz2012-omote-web
 
kobejazz2012-ura-web
 
学生とプロのミュージシャンが相まみえて
「JAZZの街・神戸」を盛り上げる同フェスも今年で8年目。
今回は兵庫県内を中心に、中学・高校計8校の学生バンドや、
このフェスから誕生したオリジナルバンド「神戸JAZZオーケストラ」が出演。
彼らの演奏に花を添えるのが、プロミュージシャンと、
特別セッションとして参加する宮城県・石巻北高校吹奏楽部メンバーです。
 
第2部に登場するゲストバンドは「NANIWA EXP」!
今年で結成35年を迎えるメンバーが、個性的なキャラクターとパワフルな演奏で、
ジャズ・ファンを魅了すること必至です。
 
そして今年は、NANIWA EXPと学生選抜によるセッションも実現。
人気バンドとの夢の共演により、学生たちがどんな奇跡の音色を奏でるのか、
見逃せないフェスティバルが間もなく幕を開けます。
 
「神戸JAZZ2012 Students meet NANIWA EXP」

■日時/10月14日(日)開場14:00 開演14:30 

■会場/神戸文化ホール(大ホール)

■料金/[一般] 前売:2,500円 当日:3,000円
    [小中高生] 前売:1,500円 当日:2,000円

■出演/第1部:学生ビッグバンド(順不同)
    ●YANAGAWA The Sunny Side Jazz Orchestra(高槻市立柳川中学校)
    ●葺合・ザ・プリーザント・ジャズ・オーケストラ(神戸市立葺合中学校)
    ●HARADA BLUE JAZZ ORCHESTRA(神戸市立原田中学校)
    ●神戸村野工業高等学校 音楽部
    ●SHINKO NOW ON SALE JAZZ ORCHESTRA(神港学園)
    ●愛知中学・高校吹奏楽団
    ●泉陽高校軽音楽部 S.L.M.S
    ●高砂高校ジャズバンド部 Big Friendly Jazz Orchestra
    ●神戸JAZZオーケストラ
    【特別セッション】宮城・石巻北高校 吹奏楽部
    第2部:GUEST BAND
    ●NANIWA EXP
       【Special Guest Musician】稲屋浩(Sax)、大島一郎(Tb)、菊池寿人(Tp)

■問い合わせ/神戸JAZZ実行委員会運営事務局
       TEL:078-303-5600(平日 10:00~18:00)

※同フェス公式サイトはコチラ http://kobejazz.ac/

 
 中高生がプロミュージシャンからジャズ奏法の指導を受ける「ビッグバンド・ワークショップ」が2012年8月30日、神戸市中央区港島中町7のジーベックホールで開かれた。灘区の原田中学校など3校のビッグバンドが、トランペット奏者の菊池寿人さん(44)とサクソホン奏者の古谷光広さん(39)から、ジャズの“神髄”を学んだ。
 2012年10月14日に神戸文化ホール(中央区)で開かれるジャズフェスティバル「神戸JAZZ2012」に向け、同フェスを主催する実行委員会が企画。出演予定の原田中、神港学園高、高砂高のビッグバンドが参加した。
 原田中は約20人が「ビッグ・スイング・フェース」など2曲を演奏し、菊池さんと古谷さんから「一つ一つの音を長く伸ばして次の音につなぐ」などと、実演を交えた指導を受けた。また、基礎練習や「隣の音を聴き、その音にどう対応するか考えて演奏する」ことの大切さを学んだ。
 3年でトランペットの女子生徒(15)は「プロは音の出し方や息の使い方が全然違う」と驚き、同学年でピアノの男子生徒(14)は「基礎の重要さをあらためて感じた。一音一音を大切にしたい」と話していた。
【神戸新聞 2012年8月31日朝刊】

古谷さんからサクソホンの指導を受ける中学生たち=ジーベックホール

古谷さんからサクソホンの指導を受ける中学生たち=ジーベックホール

「神戸JAZZ2012 Students meet NANIWA EXP」

【会場】神戸文化ホール(大ホール)
【公演日】2012年10月14日(日) 開場14:00 開演14:30
【料金】
 [ 一  般 ] 前売:2,500円 / 当日:3,000円
 [ 小中学生 ] 前売:1,500円 / 当日:2,000円
 ※上記のチケットは税込価格です。
【座席】
 完全自由席 ※6歳未満の幼児は入場不可
【お問い合わせ】
 神戸JAZZ実行委員会運営事務局
 TEL:078-303-5600 (平日 10:00~18:00)