e69fbfe69cace38195e38293

柿本秀明(かきもと ひであき)

20歳の時、ジャズドラマー「エルビン・ジョーンズ」に魅せられ、ドラムを始め、
21歳でプロドラマーとして、ライブハウスでの活動を開始する。
その後、音楽事務所に所属、ショーや、歌手、タレント等のバックバンドを勤め
ショーレストランやテレビ番組に出演。
そのかたわら、スタジオミュージシャンとしても活動する。

1972年 フリーになって上京。ライブハウスを中心に活動を続ける。

1974年 帰阪後、自己のグループを結成。
     ホテルのラウンジ、バー、レストラン等に出演。

1977年
   ~1992年
     PlayBoy・Club・OSAKA と専属契約を結び、
     バンドリーダー、及びミュージックディレクターとして、
     多種のショーやイベントを手がけた。
     また、国内外を問わず、数多くのミュージシャンや歌手、
     テンターティナーとも共演。

1986年 孟宗竹を素材に、オリジナル打楽器「響竹」を制作。
      「響竹」と、電子楽器や民族楽器を融合させ、宇宙の歴史をテーマに
      作曲と演奏活動を開始。

1989年 日本最初の、シンセサイザードラムでのソロコンサートを行い
      好評を博す。

1991年 尺八奏者の川村泰山氏と出会い、水墨画サウンドグループ
      「楽空=Lucku」を結成。

1992年 オカリナ奏者で歌手の、野上圭三と共に
      「大地母神(パチャママ)」を結成。
      水、風、火、木、土 をテーマに作曲とコンサートを
      続けている。
      大地母神(パチャママ)とは、インカ帝国に守護女神の事で
     漢字に当て、グループ名にいただいている。

1995年 「大地母神」のタイトルでCD発売。

現在  コンサート、ショー、イベント、ライブハウス、レコーディングスタジオで
     活動している。
     アロージャズオーケストラ・ミュージックスクールにおいて
     ドラム講師を勤める。

PLAYER

コメントをどうぞ