03169559

 三木市内外のジャズ愛好家による大人数編成のビッグバンド「三木サウンドブラストオーケストラ」が発足し、活動を本格的に始める。7月10日に神戸電鉄志染駅前のジャズカフェ「ベイシー」で初コンサートを開き、今後もイベントなどに出演する予定。市内に、ほかにビッグバンドはないといい、迫力ある音で新たな文化を発信する

 学生時代にビッグバンドを組んでいたリーダーの三宅勝典さん(54)が、昨春からベイシーに通い始めたのが結成のきっかけになった。

 意気投合したメンバーら4人が発起人となり、2009年6月に結成。地域の音楽教室に募集のチラシを張ったり、知り合いに呼び掛けたりして、高校生から60歳代まで年齢層もさまざまな25人が集まった。

 トランペット、トロンボーン、サクソホン、ピアノ、コントラバス、ドラムなど、楽器も多彩。月3回、三木市の中央公民館や文化会館で練習を積んできた。三宅さんは「ブランクがあり、また気持ちに火がついたという人もいる。みんなかなり熱が入っている」と話す。

 三木市民へのお披露目の意味も込めた10日のコンサートのチケットはすでに完売。9月には高砂市のイベントに出演し、10月にはベイシーなどが三木市文化会館で開く音楽イベントにも出る予定だ。

 三宅さんは「生で聴く迫力と一体感がビッグバンドの魅力。地元の人に親しんでもらい、仲間が増えていけば、うれしい」と意気込んでいた。

(斉藤正志)
2010/07/06 神戸新聞

NEWS&TOPICS

コメントをどうぞ