hashimoto_atsuko
橋本有津子(Atsuko Hashimoto)
ハシモトアツコ

~ジャズオルガニスト&ピアニスト ~

プロフィール

大阪府生まれ。4才よりピアノ、ハモンドオルガンを始める。
18才の時(株)日本ハモンド社の講師資格を取得し、同社のデモンストレ-タ-としてプロ活動を開始する。
並行して「MACHI JAZZ MUSIC SCHOOL」にて、ジャズピアノ、 ジャズアンサンブルを学ぶ。
20才でジャズピアニストとしてプロ入り。
1992年に「なにわ芸術祭、大阪JAZZ FESTIVAL」に自己のカルテットで出演。
1999年4月にニュ-オリンズで地元のミュ-ジシャン達とセッションを行う。
10月にはサンフランシスコの老舗ジャズクラブ「PEARLS」にてギタリストのブルース・ファーマン達と共演。
11月にはCD「JAZZ ORGAN TRIBUTE」をリリースする。

2000年1月にBr.Jack Mcduff(org)と共演、9月にはDr.Lonnie Smith(org)、Randy Johnston(g)、田井中福司(ds)と大阪ブルーノートにて共演。

2002年8月にはPETE FALLICO氏の主催によりカリフォルニア州でツア-を行う。(ロサンジェルス「BAKED PATATE」、サンタクル-ズ「KUUMBWA JAZZ CENTER」、サンノゼ「KETON」、 SAN JOSE JAZZ FESTIVALに出演)

2003年3月に初のトリオ CD「FULL ORGAN」をリリ-スする。
6月に第40回なにわ芸術祭第11回中山正治ジャズ大賞、新進音楽家新人賞、大阪府知事賞、大阪市長賞を受賞。受賞記念ライブが大阪ブル-ノ-トにて開催された。

9月にテナ-・サックス奏者宮哲之のアルバム「PEOPLE HE LOVES MADLY」「The pass I passed」にピアニストとして参加。

2005年9月に、CD「SONGS WE LOVE」をThousand Days Recordsより発売。
メンバ-はAtsuko Hashimoto(org),Harvey Thompson(vo),Toni Scrrugs(vo),Elijah Levi(vo),Yutaka Hashimoto(g),Jyuasa Kanoh(ds).

2006年8月~9月に、JEFF HAMILTON(ds)、HOUSTON PERSON(ts)等と、カリフォルニアツアーを行い、第12回WEST COAST JAZZ PARTY、Steamers cafe、Museum of Art in San Diego等に出演。RON ESCHETE(g)とも共演する。
またサクラメントにて、White Noise Jazz Festival, Berkerey The Jazz Schoolにて、自己のトリオ、橋本裕(g)&加納樹麻(ds)でコンサートを行う。

2007年7月~8月にかけて、シアトルのポートタウンゼントジャズフェスティバル、ロサンジェルスのパサデナジャズインスティチュートでのコンサート、新作のレコーディング、Crown Plaza Hotel LAXでのコンサート、フラトンのSteamers Cafeでのライブを行う。
9月には、アメリカのモントレージャズフェステイバル、そのあと、ニューヨークの「SMOKE」等へ出演。

2008年2月に、ヒューストン・パーソン(ts)&レッドホロウェイ(ts)&ジェフ・ハミルトンらと、再び、アメリカでツアーを行う。
ロサンジェルス・ニューポートビーチ・ジャズパーティ、アイダホ州にて行われた、ライオネルハンプトンジャズフェスティバルへ出演。
3月には、ジェフ・ハミルトン&橋本裕とロサンジェルス・キャピタルスタジオにてレコーディングした、CD「Time After Time」が、発売された。

4月にはヒューストン・パーソン&ジェフ・ハミルトンとのCD「Introducing Atsuko Hashimoto」がアメリカのAZICA Recordsより、全米&ヨーロッパ&日本へ発売された。

9月にはアメリカ、オレゴン州ニューポート~カリフォルニア州ロサンジェルス&サンタ・アナにて、ジェフ・ハミルトン、ヒューストン・パーソン等とCD発売記念ツアーを行う。
また「JAZZ AT NEWPORT 2008 」では、Kevin Mahogany(vo),Dee Daniels(vo),Mimi Fox(g),Houston Person(ts),Stan Bock(tb),Obed Calvaire(ds)等、さまざまなミュージシャン達と共演した。

参加CD

「Jazz Organ Tribute」橋本有津子オルガントリオ

「Jazz Organ Tribute」橋本有津子オルガントリオ

「FULL ORGAN」橋本有津子オルガントリオ

「FULL ORGAN」橋本有津子オルガントリオ

「SONGS WE LOVE」橋本有津子オルガントリオ

「SONGS WE LOVE」橋本有津子オルガントリオ

「The Pass I Passed」宮哲之(ts)カルテット

「The Pass I Passed」宮哲之(ts)カルテット

「Introducing Atsuko Hashimoto」~Featuring Houston

「Introducing Atsuko Hashimoto」~Featuring Houston

「TIME AFTER TIME」橋本有津子オルガントリオ~フューチャリング ジェフ・ハミルトン

「TIME AFTER TIME」橋本有津子オルガントリオ~フューチャリング ジェフ・ハミルトン



 


 


 

 


 


 


 

-

PLAYER

8 件のコメントがあります 『橋本有津子』へのコメント

  1. 初めまして!
    4・25(日)橋本有津子オルガントリオでライブをして頂く石川県のレストランの「むささび亭」のシェフ・オーナーの青木 亨(とおる)です。
    どこに連絡していいのか解らず、こちらにて失礼します。
    御連絡が遅くなりまして、誠にすみません。

    前日(土曜日)に設営音響チェックは済ませますが、家族経営の人手の関係で料理準備に追われる故、リハは13時入りで14時までしかできません。
    なにとぞ御許しください。

    17時開場、来客の接待食事開始、
    演奏は18時からですので、17時には二階の控室にて待機願えますか?

    当店の設備概要は以下のホーム・ページを御覧願います。
    一年半後に店舗改装拡大し、一階席58(ライブ80)、二階席48とし、その時は定期的にオルガン・ライブを企画しております。
    ハモンド・オルガンを何台かでの連弾やセッションも面白いかと思います。
    今回を機にお付き合い願います。

    http://musasabitei.com/xoops/

    むささび亭 076-274-3395

    青木 亨

  2. ディナー・ショーでの演奏、お疲れさまでした。
    お客様も大変満足されていました。
    店舗拡大でキャパ一階席60(ライブ:90~120)になったら、定期的にお願いします。
    B-3はじめ、各ハモンド・オルガンでのバトル・セッション等も考えております。
    いづれ、日本中、ひいては世界からのオルガニストを呼びたいと思ってます。

    レコーディング・システムによるライブCDが、できました。
    ノイズもなく、市販のライブ・CDと遜色ないと思います。
    ハイビジョンでの撮影と3台のビデオ映像は編集中です。

  3. 雄一 より:

    むささび亭で聞かせていただいた者です。
    大変感動いたしました。ありがとうございました。
    今回は、皿洗いとビデオ撮りと料理手伝いと機材セッティング片付け、と1人四役をさせていただきました。(本業はまったく違いますが・・・)
    東さんにはサインをいただき、素人ドラマーとして大変感激しております。
    また、橋本さんのハモンドの音、感激しました。
    取り急ぎお礼をと思い、こちらに書きこませていただきました。

  4. ジャズ好きおじさん より:

    富山県のムササビ様(本当は青木さんですね)、サイト編集長の安田です。
    富山からの書き込みありがとうございました。
    何か、こう嬉しくて。
    本サイトもごひいきに。

  5. 雄一 より:

    ちなみに「むささび亭」は、石川県です・・・。
    金沢市に隣接する、白山市という場所にあります。
    宜しくお願いします。

  6. 青木 亨 より:

    石川県白山市のレストランむささび亭なんですが、私、大阪の河内長野出身ですわ!
    2つのホテルでそれぞれ副料理長として各国の方々に各国料理、あらゆる宴会料理や氷彫刻をつくり、12年前に独立開業しました。
    雄一くんは設計建築の社長なんですわ。
    私30数年前までプロドラマーとしてざっしの連載やら世界のミュージシャンともステージで一緒にプレイしてきました。
    うちの店の音響及びレコーディング・システム、何台ものハモンドやピアノ数セットのドラムやあらゆるパーカッションにのべ3千万以上かけてしまいました。

    今回のライブ・レコーデイングもノイズ等なく市販のCD程度かそれ以上との評価を受けています。、

    橋本先生の後ろから演奏を撮影したハイビジョン、客席からのビデオなど3台の視点での撮影も臨場感あふれます。

    近く雄一君に頼んで店舗拡張工事が終了すれば、一階でライブ着席70、二階50席となり、最高の料理、高音質最高の音楽を最低の価格で沢山の人に楽しんでもらえそうです。

  7. 安田英俊 より:

    ジャズきち、っているもんですね。