このサイトは下記のアドレスに移転しました。
引き続き神戸新聞に掲載されたヴィッセル神戸の情報などを紹介していきます。
http://www.kobe-np.co.jp/news/sports/vissel/

観戦レポート

掲載日:2014年12月8日

最終節の悔しさは来年晴らす

2014J1リーグ最終節が6日(土)にノエビアスタジアムなどで行われました。
ヴィッセル神戸の今年のホームラストゲームは川崎フロンターレ戦。
結果は、1-2の惜敗でした。
この結果、今年のヴィッセルの順位は11位が確定しました。

◇  ◇  ◇

会場外ではヴィッセル神戸を応援する「ご当地グルメ」の売店や、
オフィシャルショップの「2014シーズン応援ありがとう企画」などイベントも開催。
前日からの大寒波で、スタジアム周辺にもみぞれが舞う中、17574人のファンが集まりました。

2014年のリーグ戦もついにラスト。
そしてヴィッセルにとってこの日はホームでの最終戦。
安達監督が指揮を執るのも今日が最後です。

最終節、キックオフ。

フロンターレは前半10分、そして後半も終わりかけでもう1点追加。
ヴィッセルは、後半延長5分で田代選手がPKゴールしたところで試合終了。

1-2

今シーズン最終戦の勝利は成りませんでした。
今年前半は調子が良かっただけに、悔しいです。

◇  ◇  ◇

試合の後で、「2014ファイナルセレモニー」がありました。
挨拶の冒頭で、選手・スタッフへの感謝の言葉を述べた
安達監督、本当におつかれさま。ありがとう。
試合では厳しい顔だけど、ときどきニコッと、
とっても可愛い笑顔を見せてくれたのが忘れられません。

スタンドには
『安達さん ありがとう』
『亮さん 激動の2年間おつかれさま』という横断幕が。

その後、選手全員が場内を一周。

『この悔しさをそこで晴らす!』という横断幕が
目に焼き付きました。

そしてみんなで「神戸讃歌」の大合唱。
来シーズンは、もっと「神戸讃歌」を歌えるように。

選手・スタッフの皆さん、今年もありがとう。

来年こそ、初タイトルをとれるように。

がんばれ! VISSEL 神戸

関連記事

コメント

blog comments powered by Disqus

▲TOPへ戻る